難しいエアコンの取り外しは業者へ依頼【業者に依頼する理由】

Menu

素人が行うのは難しい

作業員

引越し時などの注意

賃貸物件などでは、最初からエアコンが取り付けられているときがあります。もちろんこれは大家さんの持ち物になるので、退去時に取り外しの必要はありません。しかし物件によっては取り付けられていないところもあります。昔の物件になると、取付けるのを想定した穴なども開いていない時があります。その時は穴を開けたりして室外機と接続する必要があります。そのままでもいいなら問題ないですが、大家からエアコンを取り外してほしいといわれるときもあります。エアコンに関しては、取付けるのも取り外しも素人が行うのは難しいです。ですから業者に依頼することになるでしょう。購入や交換だと販売店などについでに依頼すればいいですが、エアコンの取り外しのみだと別途業者に依頼しないといけません。その時に注意することがあるので事前にチェックしておきましょう。まずいつ外してもらうかですが、引越しなどをするときには引越し後ではなくその前に行わなくてはいけません。ですから、取付けられている周りを整理しておきましょう。なぜ引越し後に行えないかですが、電気が止まっている可能性があるからです。取り外すとき、ガス回収と呼ばれる作業をしなくてはならず、その時に電気を使って運転します。電気が止まっているとそれができなくなります。古いタイプだと、既に使っていないものもあるかもしれません。リモコンがないと操作ができないこともあるので、リモコンを探しておきましょう。配管部分の対応は業者によって異なります。パテ埋めを行ってくれるところもあります。